読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古都 茶会記

気軽に楽しめる茶道と京の徒然

茶室における床の間のしつらえ 茶花と花入れ

最近の日本の家は、和室がない所も多いので、若い人の中には「床の間」が何のことかわからない方もいらっしゃるようですが、私も茶道を習うまでは、しつらえ方まで考えたことはありませんでした。

実家や祖父母宅には和室があったので、大切な「掛け軸や置物を飾る場所」という認識だけでした。

しかし、いくつか床の間の飾り方にはルールがあります。

今日は、花と花入れに注目してみます。

  

 

 

 

花入れの種類

 

 

f:id:teaceremonykoto:20160322165106j:plain

 

 花を入れる器のことを、茶道では花瓶と言わず、「花入れ」と呼びます。千利休の教えに「花は野にあるように」とあるように、花はいけばなのようにデコレーションしすぎず、自然のありのままの姿を美しく入れます。

素材は、籠花入れ、竹、信楽や備前、青磁などの陶器や金物などがあります。

籠花入れは、風炉の形式に使います。写真は、横山竹材店さんのものですが、宗全籠や鵜籠、鶴首など様々な形があります。

f:id:teaceremonykoto:20160405150957j:plain

 

その他、竹一重切りや二重切り、陶器のものは、特に季節は問わずに使うことができますが、それぞれに格があり、「真・行・草」に分けられます。

 

真(一番格が高い):青磁、唐銅、赤絵など

行(中間):釉薬のかかった瀬戸、丹波などの陶器

草(上2つより砕けた形式):釉薬のかかっていない備前、信楽などの陶器や竹

 

 

 

 

 

 

 本床では、花入れに敷板を

 

f:id:teaceremonykoto:20160112010204j:plain

  本床とは、正式な床の間のことを言い、床柱、床框(とこがまち)、落とし掛けを備えて床が一段高くなっているものです。

このような正式な床の間においては、竹や陶器の花入れには、敷板を敷きます。

竹や備前など草の花入れには、木地の敷板(蛤端)がふさわしく、青磁耳付きなど真の花入れには、塗りの敷板(矢筈板)がふさわしいです。

ちなみに、行の花入れには塗りの敷板(蛤端)とされています。

 

f:id:teaceremonykoto:20160409224342j:plain

但し、例外があります。本床であっても、籠花入れの場合は、敷板を敷かないのがルールになっています。

 

 

 

 

 

板床(踏み込み床)では、敷板は不要

 

 

f:id:teaceremonykoto:20151215224934j:plain

板床とは、床框をつけず、床の高さが、お客様が座られる畳の高さと同じものです。

踏み込み床とも言い、だいたい板になっていることが多いですが、畳である場合もあるそうです。

この板床においては、籠のみならず、竹や陶器の花入れであっても、敷板は敷かないことになっています。

 

 

 

 

花入れを置く位置

 

f:id:teaceremonykoto:20160112010046j:plain

上記写真は、偶然、花入れの位置は右になっていますが、いつも右とは限りません。

水屋(台所)のある方に置くことになっています。

 また、置くだけではなく、「釣り花入れ」もあります。釣る場合も、同じく水屋の方向に釣ります。

但し、掛け物が横物である場合は、花入れは、真ん中に置きます。

 

一見堅苦しいように聞こえますが、ルールに従って置いてみると、なるほど!その方が美しく見えるわ、と納得しました。

お茶室だけでなく、お家の床の間にちょっと野の花を飾るとき、きっと役に立つと思いますよ。