古都 茶会記

気軽に楽しめる茶道と京の徒然

有機抹茶30g 楽天ショップオープン! 外国人に愛された茶道教室から。

ブログを書くのは、とっても久しぶりです。

茶道体験古都です!

 

2015年に個人事業主として、金閣寺から徒歩1分の町家で開業した
茶道体験古都は、
多くの観光のお客様、、特に外国人観光客のお客様にお越しいただき、
コロナ渦で6年目を迎えています。2022年1月現在、まだ「観光」の国境は閉じたままのため、
英語での茶道体験は、ほとんど開催できずにいます。

しかし、日本人のお客様にお越しいただいたり、
新たな事業として別会社ではありますが、無農薬での「生姜畑」を京都で始めたりと、
絶えず、活動を続けています。

昨年は、NPO法人京都文化企画室さんのお手伝いで、
京都市内の小中学校・支援学校様をまわり、
生徒様の前でお点前をする機会をたくさんいただきました。

お抹茶も、これまでは、ほとんど店頭販売のみでしたが、
「送ってほしい」ご希望をお伺いすることが出てきましたので、
楽天ショップをオープンしました。

item.rakuten.co.jp

 

3袋セットはこちら。

item.rakuten.co.jp

 

京都には体験に来られない方も、

是非お試しください。

f:id:teaceremonykoto:20220106215658p:plain

有機抹茶30g



 

 

時流が朝令暮改のウィズコロナ時代

京都でも、緊急事態宣言が解除されつつありますが、
私たち、観光のお客様をお迎えしていた事業は、すぐには元に戻りません。
インバウンドに関しては、回復は早くて2年くらいと考えています。
ゼロにはならなくても、完全に元に戻ることは、ないのかもしれません。 続きを読む

お家でつくる ハーブティ寒天とココナッツアイス(砂糖なし)

2020年4月4日、コロナショックと外出自粛が続いています。

京都では、飲食店は普通にあいていますし、弊社も予約が入れば、オープンしますが、

通常営業はできない、、、

とうより、

すべて訪日外国人が封鎖によるキャンセルとなって、売上はほぼゼロなのです。

コロナウイルスは、ワクチンができるまで18か月もかかると言われていますので、

インバウンドの旅行業の回復には最低1年、

長ければ2年はかかるだろうと、私は予想しています。

海外では、飲食店は「テイクアウトのみ」となっています。

これからは、デリバリーサービスが流行り、家庭で料理する人も増えるでしょう。

普段できなかった、料理をやってみました。

続きを読む

コロナ影響下 京都のインバウンド観光の現状と生き残り対策&今後

2020年3月24日、オリンピック1年延期となり、
中止よりは、少し希望が見えた観光業界ですが、
既に6月の予約までも、キャンセルが出てきており、
影響はまだまだ続くものと思われます。

お客様が「半減」などとニュースがありますが、
外国人観光客が主なお客様であったお店にとっては、半減どころではなく、ほぼ「ゼロ」です。
外国人観光客を案内する、通訳案内士さんも同様だと思います。

インバウンドってもう終わり?ただのバブル?
そう思っている人もいると思いますが、
冷静に現状と対策を考えてみましょう。

続きを読む

茶道体験古都は、4周年を迎えました。

かなり久しぶりにブログを書いています。

京都の金閣寺から徒歩1分、茶道体験古都です。

 

f:id:teaceremonykoto:20190901232349j:plain

茶道体験古都

2019年9月1日で、4周年を迎えることができました。
毎年9月1日を迎えるたびに、
オープンした日のことを思い出します。

年々ご来店数も増え、

世界50カ国以上、1万5千人以上のお客様に、
ご来店をいただき、皆様に応援いただいたことを感謝しております。

以前と変わらず、茶道体験古都が大事にしていることは、
できるだけほんもののお茶会を、
海外の方、観光のお客様にも体験していただくことです。
そして、お茶会の体験と同時に、「教室」として、
作法や茶道の精神の学びもできる場所として、利用いただきたいと思っています。

 

今でも、毎月、季節の変化に合わせて、茶室のしつらえを変え、
皆様をお迎えしております。

正直言って、
集客の面からしたら、広告や送客手数料にお金をかけた方が、
賢いのかもしれないと、
感じることはありますが。。。

 

ひとりでも多くの方に、伝わればと思って活動しています。

 

f:id:teaceremonykoto:20161006230200j:plain




最近、ケニアのジャーナリストの方がお越しになり、
いけばな&着付け&茶道を弊社で体験されました。
そして、特に最後の茶道体験に感動し、涙をされていました。
何か、静寂の中で、感じることがあったようです。

一期一会の出会いかもしれせんが、
そのような出会いの瞬間が、私の喜びです。

 

これからも応援をいただけましたら、幸いです。