読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古都 茶会記

気軽に楽しめる茶道と京の徒然

京都・千本ゑんま堂 普賢象桜が見ごろです!

今日の京都は、お昼からお天気が崩れて肌寒いですが、朝、遅咲きの桜がきれいに咲いているのを見つけました。

 遅咲きにしては、例年より少し早いような気もしますが、今、とても綺麗です。

  

 

 

 

 普賢象桜(ふげんぞうざくら)

 

 

f:id:teaceremonykoto:20160413165520j:plain

千本ゑんま堂には、関山や二尊院普賢象など、様々な珍しい種類の桜があります。ここの地名の「千本」は昔、この辺りに千本桜があったことに由来すると言われています。

とくに「普賢象桜」が有名で、足利義満もご覧になったと言われています。

 

前回の記事では、まだ咲いていない景色しか載せられませんでしたが、今、美しく咲いています。ソメイヨシノとは違って牡丹桜なので、より華やかに見えます。

しかし、散るときはひとひらずつではなく、ぽたりと花ごと落ちるのが特徴です。

 

f:id:teaceremonykoto:20160413165542j:plain

こちらは、松月。

 

f:id:teaceremonykoto:20160413165606j:plain

関山。

 

f:id:teaceremonykoto:20160413165625j:plain

二尊院普賢象桜は、まだ蕾が多かったですが、紫っぽいです。珍しいですね。

 

 

 

 

 

 

庭の草花も綺麗です

 

 

f:id:teaceremonykoto:20160413165647j:plain

 椿のようなお花や、射干(しゃが)というアヤメに似た花も咲いていました。

 

f:id:teaceremonykoto:20160413165704j:plain

射干は、花の中に黄色と濃い紫の斑点があるのが特徴です。アヤメよりは小さく、野原によく群生していますね。植物園でもみかけました。

茶花にも使えそうです。

 

f:id:teaceremonykoto:20160413165727j:plain

もうフジも咲きかけていました。

アヤメやフジというと、もう5月のイメージです。早いですね。

 

 

 

 

 

普賢象桜の夕べ

 

 

f:id:teaceremonykoto:20160413165847j:plain

4月16日(土)の夜には、普賢象桜のイベントが開催されます。夕刻からは、お茶席もあるそうです。

観光客の方というよりも、ご近所の方に親しまれている毎年のイベントです。

 

忙しくてお花見に出かけられなかった方も、まだ間に合います。