読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古都 茶会記

気軽に楽しめる茶道と京の徒然

シカゴからの素敵なお土産 ミントチョコレート

都の四季 京都の催し 都の和菓子

金閣寺から徒歩1分、茶道体験古都の亭主です。

日本人の初心者の方も歓迎ですが、英語での茶道指導を専門にしております。

 

最近、海外のお客様からプレゼントをいただくことが重なっています。

そんなことがあるなんて、思っていなかったので、サプライズのようでとても嬉しいです。私がおもてなしする立場なのに、本当に有り難いことです。

 

 

 

 シカゴのミントチョコと言えば、フランゴ

 

 

 

f:id:teaceremonykoto:20160622222736j:plain

 

私は、アメリカはハワイに旅行で行ったことがありますが、本土は乗り継ぎで空港に降り立ったことがあるだけです。

ですので、アメリカ各州の特徴などはあまり知らないのですが、シカゴ、カリフォルニア、ニューヨーク、ワシントンなど各地からお客様が来て下さっています。

今日のお客様は、シカゴの女性で、有名なフランゴのミントチョコをいただきました。フランゴは、シカゴの老舗チョコレートメーカー。

「老舗と言っても、Tea Ceremonyに比べたら赤ちゃんみたいな歴史だけどね。」とおっしゃっていましたが、80年以上続くお店です。

パッケージには、シカゴの都会風景「スカイライン」が描かれています。

お客様から「スカイライン」と教えて頂いて、はじめてシカゴの有名な風景を知りました。

 

 

 

 

 

 

七夕の由来に想いを馳せる

 

f:id:teaceremonykoto:20160604123929j:plain

シカゴの歴史あるプラネタリウムにお勤めのお客様。

お茶碗の絵柄を説明した際に、織り姫と彦星の伝説もお話しすると、とても感動して興味深く聞いてくださいました。

 

f:id:teaceremonykoto:20160622222834j:plain

今日は、お菓子に千本玉壽軒さんの「日月菓」をお出ししました。

京都の文房具店・裏具さんとのコラボレーションで作られたお干菓子です。

一筆箋のようですね。

色は、4種類あり、京都の四神「青龍、白虎、玄武、朱雀」を表しています。

七夕茶会では、これらを短冊に見立てました。

「七夕の日は晴れるように願いたいね。」と、お客様もおっしゃっていました。

 

 

f:id:teaceremonykoto:20160622223759j:plain

 何気ない会話ですが、日本の行事を一緒に楽しんでいただけていることが、とても嬉しく思います。

お客様が帰られてから、ミントチョコをいただきました。

甘いけど爽やかな、日本のチョコレートにはあまりない、アメリカンな味でした。

これからも、一期一会の出会いを大切に、お客様をお迎えしたいと思います。