読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古都 茶会記

気軽に楽しめる茶道と京の徒然

京都・寺町 古美術商通りの秘密にしたい喫茶店

いつも茶道体験教室のお茶を買う一保堂さんの本店近くに、小さくて見つけにくいけれど、気になる看板があります。

「それから」

お茶するところみたいけれど、路地の奥なので、入っていくのにちょっと勇気が要ります。

 

 

 

 

秘密にしたい 隠れ家喫茶

 

 

f:id:teaceremonykoto:20160729205228j:plain

今日は、寺町通りに用事があって来ていたのですが、偶然看板を見つけて、「あ、これはブログで看板を紹介されていたのを見たことがある」と思い出したのです。

自転車を止めて、路地を歩いて行くと、町家の喫茶が。

誰も出てこられなかったら、入ろうか迷う、ちょっと勇気の要る雰囲気ですが、

ご主人が玄関まで出てこられ、「よく見つけられましたね」と迎えてくださいました。

骨董品の器が上品に並ぶお洒落な店内。

どこか物語の世界に迷い込んだような感覚になります。

 

 

 

 

 

和洋折衷、ギャラリー喫茶 

 

 

f:id:teaceremonykoto:20160729205243j:plain

席は6席のみ。

そして、メニューはコーヒーと紅茶のみ。

今日は、自転車で来ていて、暑い日だったので、アイスのストレートティーをいただきました。

目の前に、黄色いバラが素敵な花瓶に入っており、とても印象的でした。

隣には、ぼんやりと灯りのともる灯籠がみえるお庭。

 

f:id:teaceremonykoto:20160729205406j:plain

ひとつひとつが印象に残る、美しいお部屋でした。

今日は平日の夕方にお邪魔したので、お客様は私一人で、ご主人との会話を楽しみ、大変贅沢な時間を過ごさせていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

土日限定で、抹茶と聚光さんの和菓子

 

  

f:id:teaceremonykoto:20160729205308j:plain

ブログを書くことはOKしていただいたのですが、テレビや新聞などメディアにはあえて出ておられず、口コミのみで、お客様の輪が広がっていっているのだそうです。すごいですね。

本当に、「秘密にしたい場所」なのです。

土日には、この6席でお抹茶と聚光さんの生菓子がいただけるのだそうです。

聚光さんは、私の家からは近いですが、購入は完全予約制で、駅からもちょっと歩く場所なので、こちらでいただけるのは、嬉しいですね。

スタイルは違うけれど、亭主がお一人とお客様が6名様までで、路地もあるので、どこか「お茶室」に似た雰囲気を感じます。

 

今度は、土日に時間ができた時に、是非行ってみたいです。

 

それから

京都市中京区常磐木町46-2

定休日 火曜日、 臨時休