読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古都 茶会記

気軽に楽しめる茶道と京の徒然

京都・伏見 酒蔵見学とおいしいもの

生まれも育ちも京都の私ですが、伏見の酒蔵には行ったことがなく、ずっと行きたいなと思っていました。ですが、日本酒に詳しい人から、「夏に酒蔵見学に行っても、おもしろくない。もう少し涼しくなってからがいいよ。」とアドバイスをいただき、10月になって、初めて行ってきました。

 

 

 

 

 

月桂冠大倉記念館へ

 

f:id:teaceremonykoto:20161013221335j:plain

歴史と風格を感じます。

月桂冠は、約380年の歴史がある、江戸時代から続く酒蔵です。

f:id:teaceremonykoto:20161013222024j:plain

こちらでは、昔から酒造りに使われていた道具の数々が展示されており、日本酒造りの工程を学ぶことができます。

杉の木や縄で作られた、大きな道具から、歴史と迫力を感じます。

道具は、現在は新しいものが使われているとはいえ、酒造りの工程は今も変わりません。

米と水だけで作られるお酒は、こんなに手間をかけて造られているんですね。

f:id:teaceremonykoto:20161013222039j:plain

前日までに予約をすれば、記念館の展示を見るだけではなく、特別に酒蔵の一部に入ることができ、ボランティアのおじさんから、酒造りの工程を解説していただけます。

日本酒造りに使われるお米の種類や、工程がよく分かります。

京都ならではのお米は、「祝」という種類があり、月桂冠では、「祝」だけを使ったお酒「祝米」も販売されています。どんな味か、楽しみ。

f:id:teaceremonykoto:20161013224208j:plain

酒蔵で、お酒の酵母の瓶を開けられると、ふわーっと日本酒の良い香りがただよってきました。

お酒飲みたいなーと思ったら、最後に3種類のお酒を試飲させていただけます。

甘口と、少し辛口と、「梅ワイン」でした。

 

 

 

 

 

 

十石船のほとりで、和食ランチ

 

 

f:id:teaceremonykoto:20161013224501j:plain

船には今日は乗りませんでしたが、風情があります。

 

月桂冠大倉記念館からすぐ、この川のほとりで、おいしい和食ランチをいただけます。

f:id:teaceremonykoto:20161013224637j:plain

お昼どきは、多くのお客様が来ていらして、すぐ満席になっていました。

 

f:id:teaceremonykoto:20161013224940j:plain

松花堂弁当にわらび餅のデザートもついて嬉しいですね。

お団子のお皿は、都をどりの記念皿でしょうか。かわいい。

 

f:id:teaceremonykoto:20161013225242j:plain

 

吉招庵

京都市伏見区 本材木町 680-1 弁天橋東 1F

電話 075-622-9955

 営業時間:11:30~14:30(L.O.14:00)、17:30~21:00(L.O.20:30)

定休日:月曜日

 

 

 

 

 

 

黄桜カッパカントリー

 

 

f:id:teaceremonykoto:20161013225904j:plain

黄桜といえば、カッパのCMですね。

こちらにも、酒造りの工程が学べる資料館があります。

ですが、びっくりしたのは、カッパの展示です。

f:id:teaceremonykoto:20161013230058j:plain

日本では、以外にもかっぱは、色んな施設名に使用されたりして、愛されています。

そういえば、茶道具にも棗に「川太郎」というのがあります!

カワタローはカッパの別名。

棗の蓋が、カッパの頭のお皿のようにへっこんでいるのが特徴です。

 

 

 

 

 

 

伏見の酒の水は、すべてここから!御香宮神社

 

f:id:teaceremonykoto:20161013230725j:plain

伏見には、酒蔵がたくさんありますが、すべての水は、御香宮神社からわき出た水です。京都の水は、まろやかな軟水です。

「伏水」と呼ばれたり、「酒水」と呼ばれたりします。

f:id:teaceremonykoto:20161013231015j:plain

 

大倉記念館でも、酒水をいただくことができます。酒蔵の命の水です。

f:id:teaceremonykoto:20161013231310j:plain

 

 

 

 

 

 

 

坂本龍馬ゆかりの寺田屋

 

f:id:teaceremonykoto:20161013231527j:plain

伏見の酒蔵の近くには、あの有名な寺田屋もあります。

酒蔵見学に行かれたら、こちらにも立ち寄りたいですね。

古い建物に多く人が訪れているので、階段などでこけないように、事前のお酒の飲み過ぎには注意しましょう!

 

 

 

 

 

 

元・月桂冠本館の日本酒スイーツカフェ

 

f:id:teaceremonykoto:20161013232218j:plain

「うなぎのねどこ」という、熟成された清酒をかけて、バニラアイスをいただきました。黄色がかった熟成された清酒は、そのまま飲むのは、独特の香りが強すぎるようですが、甘いバニラアイスにかけると、とってもおいしかったです。

相性ぴったり!

 

家でも、酒粕アイスをまた作りたくなりました。

blog.teaceremony-kyoto.com

 

f:id:teaceremonykoto:20161013232203j:plain

酒カステラも、やわらかくてほんのりお酒の香りがします。

 

日本酒スイーツがどれもおいしいだけでなく、カフェのレトロな雰囲気も素敵です。

お酒があまり飲めない女性にも、おすすめのスポットです!

 

 

 

 

月桂冠大倉記念館や黄桜カッパカントリーは、京阪・中書島から徒歩すぐです。

御香宮神社は、少し離れていて、京阪・伏見桃山駅や、近鉄・桃山御陵前の方が近くです。

 

f:id:teaceremonykoto:20161013233133j:plain