読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古都 茶会記

気軽に楽しめる茶道と京の徒然

京都・上賀茂 神馬堂のやきもち

上賀茂神社といえば、忘れてはならないものが、「やきもち」です。神馬堂さんのやきもちは、たいてい午前中で売り切れてしまう、人気の手焼きのやきもち。

 葵祭に食べられていたことから、「あおいもち」とも呼ばれています。

 

 

 

 

 

昔ながらの風情が残る神馬堂

 

f:id:teaceremonykoto:20160630164816j:plain

神馬堂は、昔から、上賀茂神社に行ったら買って帰るという人が多い、やきもちの老舗です。昭和57年に第29作「男はつらいよ 寅次郎あじさいの恋」のロケにも使われたそうで、店内には寅さんのお写真がありました。

風情ある雰囲気なので、寅さんの世界にもぴったりはまりますね。

 

f:id:teaceremonykoto:20160630164831j:plain

こちらで、作りたてのやきもちをいただくことができます。

作りたては、よりおいしいです。

 

 

 

 

 

 

上賀茂神社の神馬

 

 

f:id:teaceremonykoto:20160630164848j:plain

上賀茂神社には、白い神馬がおります。

人参をあげることもできて、小さいころに初詣に行ったときに、遊んだのを覚えています。

冬には、この周りで薪が焚かれ、初詣に来た人たちが輪になってあったまってきます。

神馬堂のお名前は、この白馬から来ているのですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10個入りを実家の家族と共にいただく

 

 

f:id:teaceremonykoto:20160630164922j:plain

神馬堂のやきもちは、本当にお昼すぎてから行くと、もう売り切れて閉店していることが多かったので、久しぶりにいただきました。

6月30日の上賀茂神社での夏越の祓が10時からだったので、9時半には行って、購入することができました。

f:id:teaceremonykoto:20160630164907j:plain

多分、夏越の祓に、上賀茂神社に参拝された方は、水無月よりやきもちになってしまった方も多いのではないでしょうか。

 

神馬堂

京都市 北区上賀茂御薗口町4

電話:075-781-1377

定休日:火曜の午後・水曜 売り切れ次第閉店