読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古都 茶会記

気軽に楽しめる茶道と京の徒然

伝統文化のお教室 先生の年齢が若くても、由緒ある家柄でなくても、外国人観光客には喜ばれる!

京都発!日本文化を伝えているお教室の先生、小売店など販路拡大したい商店の方へ。

旅行会社に頼らず、外国人観光客をゼロから3倍に増やす独自の集客方法と、
価値を伝える接客英語を通じて、今あるビジネスにプラスαの売上をつくる
「はじめの第一歩」インバウンド・アドバイザー、倉中梨恵です。
 
このブログ「古都茶会記」は、今まで、主に茶道や京都情報について書いてきましたが、「起業女子」のコーナーでは、伝統文化のお教室やワークショップを、外国人向けに開きたい先生向けに、インバウンドの情報も発信していきます。

 

 
 

由緒ある家柄かどうかは、見られていない

 

f:id:teaceremonykoto:20170131190115j:plain

伝統文化というと、代々続く由緒ある家柄の先生や、「3歳からお稽古を積んできました」というような人でないと、お教室を開いてはいけない!と思っておられませんか。
 
また、芸術の分野や、伝統工芸品の分野においても、
ベテランの職人さんがいる中で、「自分はまだまだだから、教室などできない。」
「名前が知られていないから、売れない」
と思っておられないでしょうか。
 
日本においては、伝統文化や芸術分野においては、一般の生徒さん・消費者さんレベルにおいても、
「小さいころから修行をつんでいるベテランであること」
「ある程度年齢を重ねていること」
「由緒ある家柄であること」
が評価の基準になることも多いと思います。
 
海外の芸術家などにとっては、もちろん、上記の条件は、評価されるポイントではありますが・・・・
 

外国人観光客にとっては、それらはまったく関係がない、どっちでもいい話です。

続きはこちらへ。