読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古都 茶会記

気軽に楽しめる茶道と京の徒然

おひな菓子でひな祭り茶会

都の四季 家カフェ茶道 京都の催し

こんにちは。

京都の金閣寺から徒歩1分、観光で気軽に茶道が体験できる「茶道体験古都」の亭主です。

今日は、ひな祭りですね。

昨年に引き続き、3月20日ごろまで、ひな祭りのしつらえで、茶道体験をお楽しみいただいています♪

 

 

七段飾りのひな人形

 

f:id:teaceremonykoto:20170303164741j:plain

もうすぐ2歳になる娘。

「茶道体験古都」のお待合室で撮影しました。

外国人のお客様も、おひな様について由来を説明すると、ここで写真撮影をして帰られます。

娘は、まだ、ひな祭りは、何のことか分かってなさそう・・。

 

 

 

 

三条若狭屋さんの「おひな菓子」

 

f:id:teaceremonykoto:20170303165250j:plain

ひな祭りのお菓子は、お干菓子も色とりどりで、かわいらしいですね!

友人が、娘のためにとお土産に持ってきてくれました♡

三条若狭屋さんといえば、祇園ちご餅でも有名です。

 

f:id:teaceremonykoto:20170303165525j:plain

私も小さいころ、かわいいおひな菓子を食べたことを思い出しました。

このようなお干菓子って、茶道の経験がない方は、あまり食べる機会がないかもしれませんね。

今は茶道の講師でも、小さいころは、茶道に縁がなかった私。

お干菓子が、初めて食べる珍しい味で、いつものおやつと違う不思議なお菓子・・・と思った覚えがあります。

 

 

 

 

 

金閣寺近くの古民家で、ひな祭り茶会開催中

 

f:id:teaceremonykoto:20170303170804j:plain

海外のお客様は、ひな祭りを知らない方がほとんどですが、

由来を説明すると、興味深く聞いてくださいます。

もちろん、日本人の茶道初心者のお客様も、北海道から沖縄まで、全国から来ていただいていますよ。

3月20日頃まで、ひな祭りのしつらえで、お楽しみいただけます!