読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古都 茶会記

気軽に楽しめる茶道と京の徒然

普段、話せない京都のこと、語り合いませんか? 「京都の観光について、語ろう」会 外国人の方も歓迎!

こんにちは。

金閣寺から徒歩1分・古都カルチャーサロンです。

地域の方が文化活動を通して集える場に。

京都の人と外国人をつなぐ国際交流の場に。

伝統文化を引き継ぐ、次世代育成の場に。

そんな思いで始めたサロンです。

2017年も、誰もが参加できるイベントを開催していきます。

 

 

1月21日(土)15:00-16:00 Tea Chat

f:id:teaceremonykoto:20160914181315j:plain

お抹茶とお菓子付の、京都の観光について語る会です。

英会話がしたい方、インバウンドに取り組みたいと思っている店舗の方や伝統文化の先生、外国人の方も大歓迎です!

 

Tea×Chat ~ideal sightseeing in Kyoto for overseas visitors? / 外国人観光客にとってより良い京都観光とは?~

 

この会は、古都カルチャーサロンにて、海外でもお仕事をされている浅井さんに担当いただいています。

 

☆参加費:1000円 (学生800円)☆

 

京都は、今、AirBnBの規制がかなり厳しくなっていますが、規制はどこまでするべきなんでしょうね?

AirBnBに限らず、何か、ビジネスをしようとしている「新入り」がご近所に出てくると、そのビジネスを「できるだけやりにくいようにしよう」という風潮があります。

京都は、黙ってても観光客は来るから、「あなたがここで、やる必要はないから。文化体験は、ボランティアでやればいい。」みたいな。

 

 

何かを新しく「始めよう」とすると、絶対周りに反対する人がいるものです。

もちろん、みんながみんなそうではないですし、連携して頑張ろうよ!という方もいらっしゃいますが、少数派な気がします。

 

一方で、少子高齢化が急激に進み、人口が減っている日本の行く末を考えれば、「観光立国」になっていくことが求められています。

ビジネス交流会に行くと、他府県の旅行会社さんから、

「あなた、茶道体験より、宿を開いてくださいよ!京都は宿が不足しているんですよ!」

なんて言われることもよくあります。

 

 

 

・・・こんな風に、なんでも、普段感じていることを、語り合う会です。

 

 

f:id:teaceremonykoto:20161210141902j:plain

 

 

 

古都カルチャ―サロンでは、2月には落語会もありますよ。

ご予約お待ちしております♪

blog.teaceremony-kyoto.com