読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古都 茶会記

気軽に楽しめる茶道と京の徒然

京都の珍しいもの 紅花リーフとシルクパウダー入り豆腐

季節のキッチン

最近、また「京紅花」のプロデュースをされている染色家さんから、おすそ分けで珍しいものをいただきました。

紅花の葉っぱって、食べられるって知ってはりましたか?

 

 

紅花リーフ

 

f:id:teaceremonykoto:20161130223613j:plain

 

京都の与謝野町で、紅花染めに使う、貴重な紅花を育てられているのですが、お花を染め物に使うだけではなく、葉っぱをお料理に使うこともできるのだそうです。

薬膳料理にも使われているそうです。

さっと炒め物にしても、お鍋に入れてもおいしくいただけます。

 

なんと、今後紅花リーフを和菓子にも利用できないかと商品開発を計画されているようで、どんな味になるのか、とても面白そうですね。

 

 

 

 

 

シルクパウダー入り豆腐「やっこさんは白だな」

 

f:id:teaceremonykoto:20161130224216j:plain

なぜか、弁護士会が作っているらしい、シルクパウダー入りのお豆腐。

丹後国産シルクパウダーは、健康食品としても使われているのだそうですが、確かにきめの細かいお豆腐です。

おいしい。

f:id:teaceremonykoto:20161130224526j:plain

与謝野町で作られていて、FAX注文ができるようです。

普通に京都市内のスーパーで売られているわけではない、大変貴重なお豆腐だったのですね!

yosanosanpin.com

 

大豆の風味がしっかり味わえました。