読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古都 茶会記

気軽に楽しめる茶道と京の徒然

11月は炉開き おぜんざい?おしるこ?

11月に入って1週間が経ちました。

だいぶ紅葉も色づいてきて、金閣寺の門の紅葉も綺麗になってきました。

10月までは、「中置き」でしたが、弊店では11月1日に炉開きをし、お茶室のしつらえが変わっています。

 

 

11月は炉開き

f:id:teaceremonykoto:20161108175204j:plain

弊店のお客様は、一見さんの外国人観光客の方が多いので、

「炉」について、季節によってしつらえが変わることについて、いつも英語で説明をしています。

そうすると、より理解が深まり、特別に用意されたしつらえだということで、大変喜んでいただきます。

 

blog.teaceremony-kyoto.com

 

 

 

 

懐中しるこ

 

f:id:teaceremonykoto:20161108174428j:plain

茶道をされている方にとっては、炉開きは特別な行事であり、お正月のようなものです。

お稽古場では、おぜんざいなどをいただくことも多いのではないでしょうか。

ちなみに「おぜんざい」は、関西では中に少し粒あんが入ったものを言います。

 

茶道の炉開きには、おしるこというより、本当は丁寧に炊かれた小豆に丸い小餅が入った「おぜんざい」だとは思いますが・・・

 

f:id:teaceremonykoto:20161108174455j:plain

鶴屋吉信さんの「懐中しるこ」も、簡単でおいしいですよ。

「おしるこ」は、中に粒あんが入っていないものです。さらっとしています。

懐中しるこを2つに割ってお椀に入れ、お湯を注ぐだけ。麩焼きを2つに割るときに、中の粉になっている餡が飛び散らないように、そっと割るのがポイント。

f:id:teaceremonykoto:20161108174509j:plain

 

寒い季節にぴったりなイメージですが、冷やしても食べられるそうですよ。

f:id:teaceremonykoto:20161108174537j:plain