読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古都 茶会記

気軽に楽しめる茶道と京の徒然

10月は中置き 茶室の季節の変わり目

気がつけば、もう9月も残り1日となりました。

京都では、北の方では少ーしずつですが、紅葉が始まっています。

茶室では、春夏秋冬という「四季」よりも細かく、毎月か半月ごとに季節に合わせてしつらえが変化していきます。

 

 

 

10月だけ、釜が畳の真ん中に 中置き

 

f:id:teaceremonykoto:20160929230825p:plain

 

 

あれ?何かテレビでもあまり見たことのないしつらえ。流派が違うのかな?

と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

これは、「中置き」と言い、10月だけのお点前なので、ちょっと珍しい配置ですね。

 

blog.teaceremony-kyoto.com

 

水指を左側斜めに置き、蓋置きもその点前に置くことになります。

 

 

 

 

 

 

 

名残の月

 

 

f:id:teaceremonykoto:20160929233615j:plain

中置きの10月は、「破れ風炉」や「やつれ風炉」と言われる風炉や、欠けたお茶碗を継いだもの等、わびた趣向が好まれることが多いです。

5月~9月まで親しんできた風炉の季節や、昨年の11月に口切りをして使ってきたお茶の「名残」を惜しみながら、再び11月の炉開きを迎えるまでの時間です。

 

blog.teaceremony-kyoto.com