読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古都 茶会記

気軽に楽しめる茶道と京の徒然

金閣寺近く 退職後20年営業「石田珈琲」

都の散策

こんにちは。金閣寺から徒歩1分、茶道体験古都の亭主です。

「忙しい現代人に、お茶と美意識で、心の栄養補充できる場所を提供する。」を理念に外国人観光客の方や、日本人の旅行者様をお迎えし、活動しています。

今日は、西大路通西側、バス停金閣寺道の目の前にある、石田珈琲さんに行ってきました。

 

 

 

 

退職後にオープンされた喫茶

 

f:id:teaceremonykoto:20160923155427j:plain

カウンター席の喫茶店。テレビもあり、昭和な雰囲気です。

80歳のご主人と奥様が経営されており、60歳で退職されてからこの喫茶をオープンされたそうです。

「ボケ防止にやってるんですよ」と冗談をおっしゃるご主人。

老後の楽しみとして、お客様をお迎えされています。

 

 

 

 

元・時計屋さんのご主人がマスター

 

f:id:teaceremonykoto:20160923155244j:plain

昭和の雰囲気がたっぷりな店内には、「大きな古時計」の歌に出てきそうな、おじいさんの古時計があります。

お店をオープンされる前は、40年間時計店をされていたそうで、

それで立派な時計があるんだな、と納得。

のっぽの古時計は、今もちゃんと動いて時を刻んでいます。

 

f:id:teaceremonykoto:20160923155410j:plain

トーストと珈琲、おいしくいただきました。

これは、普通の珈琲ですが、こちらには「金閣珈琲」というのがあるそうで、金箔入りなのだそうです。

金閣寺の周りは、金箔入りメニューがたくさんありますね。でも、多分ですが、20年されている石田珈琲さんが元祖ではないでしょうか?

 

f:id:teaceremonykoto:20160923160944j:plain

インターネットは苦手だそうなので、私がブログ記事を書くことについては、大歓迎してくださいました。

 

 

石田珈琲

京都市北区衣笠御所ノ内町12