読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古都 茶会記

気軽に楽しめる茶道と京の徒然

京都・三條若狭屋 祇園ちご餅

都の和菓子

今朝は、祇園祭・後祭りの巡行でした。

大船鉾が最後尾を巡行し、今年初めて復興した「龍頭」を楽しみに見に行かれた方も多かったのではないでしょうか。

日曜日ですので、お土産を買って帰られる方も多いかもしれませんね。

祇園祭にちなんだ、「祇園ちご餅」もお土産にぴったりな美味しい和菓子ですよ。

 

 

 

 

 

祇園ちご餅

 

 

f:id:teaceremonykoto:20160724131304j:plain

 祇園ちご餅は、白味噌を甘く炊いたものを求肥で包み、氷餅をまぶしたお餅です。竹串にさして、ちまきの形になっているのが、祇園祭らしいですね。

昔、八坂神社の楼門前のお茶屋さんで、お稚児さんが味噌だれをつけた餅と飲み物をふるまわれており、それが厄除け、招福の御利益があると言われていたそうです。

このお餅を京菓子としてお創りになったのが、「祇園ちご餅」です。

f:id:teaceremonykoto:20160724131326j:plain

 

昔と変わらぬ製法で作られているそうで、白味噌のほどよい甘さと素朴なお餅は、とてもやさしい味がします。

 

 

 

 

夏らしい和菓子や工芸菓子

 

f:id:teaceremonykoto:20160724131612j:plain

祇園ちご餅の他にも、「京のせせらぎ」や羊羹、お干菓子なども販売されています。

お干菓子の種類が豊富でした。

f:id:teaceremonykoto:20160724131654j:plain

店内の工芸菓子も、とてもかわいいです。

 

 

 

 

 

 京都・堀川三条 三條若狭屋

 

f:id:teaceremonykoto:20160724131352j:plain

 三條若狭屋さんは、堀川三条にある、明治29年(1893年)創業の和菓子屋さんです。堀川通に面しており、バスに乗っていても「ちご餅」の看板がよく見えます。

堀川通を眺めながら、ちご餅とコーヒーのセットや、生菓子とお抹茶のセットをいただくこともできます。

 

f:id:teaceremonykoto:20160724131415j:plain

京菓子司 株式会社三條若狭屋

京都市中京区三条通堀川西入ル橋西町675番地

TEL:075-841-1381

営業時間: 9:00~17:30 (喫茶10:00~17:00)

http://www.wakasaya.jp/