読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古都 茶会記

気軽に楽しめる茶道と京の徒然

一見さんお断りの京都人

京都でビジネスをしようと思うと、人脈が一層大切だとよく言われます。これは、「一見さんお断り」の文化が根強いからです。

勿論、京都でなくてもそうですが、何もないところから、信頼を得ていくには、本当に大変だと思います。

そして、他府県の人からはよく「京都出身」というだけで「あ、そうなんや。排他的な京都か」ということで、良い印象を持たれることは少ないのではないかと感じます。

 

 

 

 

 

 

 京都は排他的?

 

f:id:teaceremonykoto:20160530171207j:plain

 京都生まれ、京都育ちの私でも、そう感じることはあります。

例えば、和菓子屋さんに行って、「ブログに書いてもよろしいでしょうか。」と名刺を渡す。「いいよ、いいよ。」と言ってくださるところも大変多くて有り難いのですが、裏の方でひそひそと相談され、「返してきなさい」ということで、名刺を突き返されることもあります。

もちろん、そのお店の商品を購入していますし、まさか金銭を要求などするわけでもないけれど、お話をすることも難しいのです。

名刺さえ受け取ってもらえないということです。大きなお店ほどそうだと思います。

 

何者かわからない人物とは、怖くて一切関わりを持ちたくない、ということなんですね。

 でも、よく考えてみれば、別に京都だから、ということでもなく、全国どこでも、営業さんが突然行ったらお断りというのは、当たり前にあることではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

だから京都人は・・

 

 

f:id:teaceremonykoto:20160508163913j:plain

京都の人はほんとうに・・。京都の人は・・。

そういうふうに言われると私は傷つきます。

少しこうしてほしい、ああしてほしい、というと「京都の人は、何かしてあげないと、何もしてくれないよね」「やっぱり京都人だから、そうなんだ。」

例えば、茶道や着付けというのは、ボランティアで教えるイメージもあるものなので、え、「無料」ではないの?と思われてしまうこともあります。

ビジネスのみならず、プライベートな関係でも、そういう風に評価されてしまうことがあります。

人間関係、特にどっちがどうというわけでもないし、どこの都道府県でもあることだと思うのですが、評価として

「だから京都の人は・・・」

になってしまうのが、何かやりきれない、非常に残念な気持ちになります。

 

 

 

 

 

 

昔からのお付き合いが大切 でも、新しい発想も必要

 

 

f:id:teaceremonykoto:20160426005255j:plain

 

老舗も多い京都。取引先やお店同士が百年以上のお付き合い、という場合もあるでしょう。

一度大きな取引先になると、末永いお付き合いになるんですね。

 

京都人らしい、一見さんお断り、ようわからん人は怖いしつきあいたくないわ、というのも自然な心理だと思いますが、「京都は、景色はきれいな街だけど、人はとっつきにくいし良くない」と思われるのは寂しいなぁと思います。

老舗の多い京都は、それが誇りであり、伝統文化の継承にはお断りも必要であるという面もありますが、若い庶民の中には、フレンドリーな京都人もいますよ。

 

観光や街をよりよくするために、新しい風を入れる、というのも必要なことです。

茶道体験も、多くの方に、気軽に来ていただければなと思っています。