読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古都 茶会記

気軽に楽しめる茶道と京の徒然

京都・今宮神社 やすらい祭りと玉の輿お守り あぶり餅もおいしい!

都の散策 都の和菓子

参道のあぶり餅や、玉の輿お守りでも有名な今宮神社は、京都・紫野にある小さな神社です。

4月10日(日)、毎年の行事で、今宮神社では「やすらい祭り」が開催されました。

境内の中だけではなく、赤い傘とお囃子の行列が西陣の街を歩いて回ってくださいます。

 

 

 

やすらい祭り

 

f:id:teaceremonykoto:20160411150051j:plain

4月の第二日曜日、お囃子の音と掛け声が聞こえてくると、やすらいさんが来られたな、と思い、ご近所の方々も家から出てきます。

赤い花傘に中に入ると、1年間の無病息災・厄除けになると言われているからです。

f:id:teaceremonykoto:20160411150138j:plain

 

私にとっては、小さいころから毎年の馴染みのある行事ですが、京都三大奇祭のひとつとされているそうです。言われてみれば、確かに踊り方も独特です。

起源は、平安時代に、桜の散り始める頃に疫病が流行ったので、花の霊を鎮めるために祈願したことに遡るそうです。

 

f:id:teaceremonykoto:20160411150115j:plain

おじいちゃんに抱っこされた赤ちゃんも、傘に入っています。

 

 

 

 

 

玉の輿お守り

 

 

f:id:teaceremonykoto:20160414145101j:plain

玉の輿の由来は、江戸時代に遡ります。

徳川家光の側室・桂昌院は、もともとは身分の低い西陣の八百屋の娘で、「お玉」と言いましたが、家光に見初められて、玉の輿にのられたということに由来します。

今宮神社は、桂昌院によって再興されたので、彼女のゆかりの神社として、「玉の輿」お守りが授与されています。

 

私は、今宮神社でお宮参り、七五三として、初詣も行っていたのですが・・・。

玉の輿お守りは買ったことがなかったです。

おかげさまで健康に過ごしてこれましたが、玉の輿にはのれませんでした。

自分で頑張るしかないですね。

 

 

 

 

 

今宮神社といえば、あぶり餅

 

 

f:id:teaceremonykoto:20160414145121j:plain

今宮神社の参道には、お向かい同志で2つあぶり餅のお店があります。「一文字屋和輔(一和)」さんと「かざりや」さんです。

一文字屋和輔は、元祖と暖簾にも書いてあり、なんと平安時代から1000年以上続く老舗です。100年でも老舗だと思うのに、1000年とはすごいです。

お味噌のたれとお餅が、シンプルでとてもおいしく、昔から病気厄除け祈願として食べられ、愛されてきたんですね。

このような、お餅には、煎茶やお番茶がとてもよく合います。

 

一文字和輔

京都市北区紫野今宮町69

営業時間 10:00~17:00

定休日 水曜日

 

かざりや

京都市北区紫野今宮町96

営業時間 10:00~17:30

定休日 水曜日

 

f:id:teaceremonykoto:20160414145159j:plain

今宮神社は、あまり観光ルートには入っていない小さな神社ですが、金閣寺からバスで3駅ほどです。あぶり餅のお店に挟まれた参道も風情がありますので、足を運ばれてみてはいかがでしょうか。