読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古都 茶会記

気軽に楽しめる茶道と京の徒然

京生菓子・お餅・干菓子 茶道で使うお菓子はどんなもの?

海外のお客様に、「Tea Ceremony(お茶会)のお菓子は特別なものですか。何が違うのですか。」と聞かれました。

海外のお客様は、餡子が苦手な方も多いので、和菓子にも興味を持っていただけるのは、少し珍しいことです。しかし、色々細かいところまで質問していただけると、とても嬉しいです。

 

 

 

 

 

 

季節の京生菓子(主菓子)

 

茶道では、主菓子といえば、季節の生菓子です。

お茶事では、お濃茶をいただく前に、前席で主菓子をいただきます。

 *お茶事:懐石、お酒、濃茶、薄茶を含むフルコースのお茶席。3~4時間かけて行う。

f:id:teaceremonykoto:20160401182211j:plain

こちらは、笹屋守栄さんの桜。お菓子器まで桜尽くしです。

このように、茶道でよく登場するお菓子は、見た目の美しさや季節感を非常に大切にします。

 

千本玉壽軒さんの桜花も美しいです!

 

f:id:teaceremonykoto:20160401182230j:plain

桜の季節は、ピンク色のかわいいお菓子に、外国のお客様もとても喜んでおられます。

 

抹茶に一番合うのは、季節の生菓子ですね。

弊店では、貸切プランや団体様プランで、このような生菓子を召し上がっていただいています。

 

 

 

 

お餅の和菓子

  

f:id:teaceremonykoto:20160401182712j:plain

食べるとよもぎの香りが広がる、草餅。

お餅らしく大きめでおいしいです。

 

こちらは、みたまやさんの黒みつだんご。

ふわふわの黒みつのお餅に黄な粉がたっぷりまぶしてあります。

 

f:id:teaceremonykoto:20160401182751j:plain

甘くておいしいので、抹茶と一緒にいただいてもおいしいですが、このようなお餅はお茶席ではあまり使われません。

ほうじ茶などのお番茶と一緒にいただくと合うと思います。

 

 

美玉屋(みたまや)

京都市左京区下鴨高木町西入下鴨東本町18-1

営業時間:9:00~19:30

TEl:075-721-8740

定休日:火曜日

 

 

 

 

 

薄茶には干菓子

 

f:id:teaceremonykoto:20160401182638j:plain

 

こちらは、亀屋伊織さんのお干菓子。お茶席でお干菓子といえば、伊織さんがとても有名です。お干菓子を専門に作っておられ、店頭販売はされておらず、予約のみ受け付けておられます。

瓢箪の形をしたのが「夕顔」。麩焼きせんべいはトンボの焼き印が入っています。

8月末から9月のお菓子です。

やはり、季節を意識した意匠です。

 

薄茶には、基本はお干菓子をいただきますが、薄茶席のみのお席の場合は、この限りではありません。月釜などでは、薄茶席でも主菓子をいただくことが多いです。

 

 

亀屋伊織

京都市中京区二条通新町東入る

TEL:075-231-6473

日曜日が主にお休み。

 

 

 こちらの記事も参考になさってください。

jpn.teaceremony-kyoto.com