読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古都 茶会記

気軽に楽しめる茶道と京の徒然

いつものおやつや京土産に 金閣寺日栄軒

金閣寺日栄軒は、茶道体験古都から徒歩1,2分、西大路通り沿いにある和菓子屋さんです。金閣寺道のバス停のほぼ目の前にあります。

日常の気軽なおやつとしてもお求めになりやすい、かわいい和菓子がたくさん!

 

 

 

 

金閣の華

 

f:id:teaceremonykoto:20160102014009j:plain

 

 

 

菊型の中に金閣寺の絵柄が入ったお菓子。中は黄身餡です。

お日持ちも2週間ということで、気軽なお土産にもいいですね。修学旅行生や外国人の方も買っておられるのをよく見かけます。

金閣寺に行ってきたことがわかりやすいです。

 

金閣寺にちなんだものでは、他にも、大徳寺納豆を使った白と緑の小さな丸いお干菓子「金閣寺」もあります。

甘い中に大徳寺納豆の塩味がアクセントになっています。

 

季節の生菓子もお求めになりやすい価格で売っておられます。

種類も豊富で、お正月は花びら餅も売っておられました。

いちご大福や紅白のうさぎのお饅頭もかわいらしいです。

 

 

 

 

かわいいお干菓子や半生菓子

 

 

 

f:id:teaceremonykoto:20160102014154j:plain

 

遊び心がたっぷりの、かわいいお干菓子や半生菓子もたくさんあります。

本当に種類が豊富で、選ぶのも楽しいです。

このブログの第1回目の記事の題名と同じ「古都の思い出」というお菓子もありました!古都の思い出は、小さな箱に入ったお干菓子のセットです。落雁の松や季節の花や金平糖などが入っていて、見た目が華やかです。

他にも昔ながらのゼリー菓子や、豆菓子もあり、少し懐かしさも感じられます。

 

 

 

甘いものが苦手な方にはおかき

 

f:id:teaceremonykoto:20160102014344j:plain

 

種類が豊富なので、甘いものだけでなく、おかきも置いていらっしゃいます。

のりを巻いた手焼きせんべいや、豆の入ったおかきなど、昔ながらの味が楽しめます。

 

ベテランのおばあちゃんのスタッフさんが応対してくださいます。

お正月は毎年開けていらっしゃるそうで、2016年元旦も開いていました。

日常のおやつや気軽なお土産として、おすすめです。

 

f:id:teaceremonykoto:20160102014309j:plain

 

金閣寺日栄軒

京都市北区衣笠街道町13

Tel 075-463-4079

不定休